食品ネット分析室 

食の安全の為、本当に健康に良くないもの?本当に危険なものを考えてみましょう。
添加物だけでなく、環境衛生や分析手法などの画像もアップしています。
 
遺伝子組み換えはこれからどうなるのでしょうか?
消費者の大嫌いな遺伝子組み換え作物ですが、ことが医薬品になると、遺伝子組み換え無しには治療ができない状況に既になっています。メタボリックシンドロームの代表である高血糖が引き起こす糖尿病患者はいまや700万人
5〜6年前は400万人といわれていましたのですごい速度で増えています。
糖尿病予備軍は2,000万人とも言われます。血糖値を下げるために使用されるインシュリンは、現在はヒトのインシュリン(インスリン)を大腸菌や枯草菌に遺伝子組み換えで作らせています。インスリンは21アミノ酸のA鎖と30アミノ酸でできているB鎖からなる小さなペプチドですので。組み替え技術を使えば簡単に純粋なヒトインスリンが生産できます。ところが遺伝子組み換え技術を使用しなければ、ブタなどのインスリンを使わなければならず、効果や副作用に問題が出ます。現在は生死が係っている医薬品は遺伝子組み換えも致し方なしといった状況ですが、将来の人口増を考えると、収量の多い作物や、害虫に強い作物の需要が必須になってきます。アフリカの飢餓の状況を見ているとすでに、必要な技術になっているのかもしれません。先進国の日本人だけが、アフリカで飢餓でなくなっている子供たちを横目にnon-GMOの食品を食べ続けられるのはいつまででしょうか。
LOHASな生活を考えている人はすでに遺伝子組み換えの安全性を考えているのではないでしょうか。食品の研究もnon-GMO以後を見据えた研究が必要になっているのでしょう。
| trinity | 遺伝子工学 | 14:59 | comments(157) | - | PAGE TOP
米国でバクテリオファージが添加物に認可されました。
以前にも記事にしていましたがバクテリオファージが米国で食品添加物に認定されていました。ボルチモアにあるIntralytix, Inc.がリステリア用のバクテリオファージをSelf GRASとしてFDAに届け出ていた物に対してFDA has no questionというレターを出した物です。
バクテリオファージは宿主特異性が非常に強く特定の菌種(あるいは特定の菌株)にとりついて遺伝情報を宿主の細菌に打ち込みます。(写真参照)バクテリオファージはウィルスの仲間ですが、細菌だけを宿主にして遺伝子情報を挿入し細菌の遺伝子を利用して自分の複製を沢山作り、ついには宿主を溶菌して外に飛び出し、又新たな宿主に出会うまで漂っています。私たちも知らない内にバクテリオファージを食べてしまっていますが、細菌より小さい生物と無生物の境目のような生き物?ですので全く気がつかず、ヒトには感染しませんので安全です。
でも遺伝子組み換えが嫌いな日本では、遺伝子を食品に付着した食中毒菌に植え付けて増殖する遺伝子を包むタンパク質が受け入れられるでしょうか?
特許をみると海外の会社が沢山日本にも出願していますが、日本企業は冷たく観戦といった状況です。
| trinity | 食品添加物 | 08:42 | comments(0) | - | PAGE TOP
技術と研究目的(研究者の独り言)
世の中には革新的な技術がたくさんあります。
そうした技術は特定目的のために確立されており、その技術を確認することにはほとんど意味がありません。
その技術で何をするかといった目的を持った実験でなければ、単なる確立された技術の追試にすぎず。技術を疑っているだけで大変失礼なことだと思います。目的のない実験は研究ではないと思っています。小さな目的でも良いかもしれません。しかし企業の研究所では、研究投資の回収や投資効率まで考えて研究しなければなりません。目標がないときは、まず目標を探さなければ、研究をやっている振りが一番いけないと思う今日この頃です。・・・・と自分に言い聞かせています。
| trinity | - | 08:34 | comments(0) | - | PAGE TOP
ノロウィルスの大規模集団感染発生
norovirus
さきほどお昼のニュースで米国の客船でノルウィルスの大規模集団感染が発生したと報じられていました。
これから寒くなってくるといよいよ生牡蠣のシーズンですが、牡蠣はくいたしウィルス怖しですが、やはり生牡蠣の魅力には負けてしまいますね。冬にも食中毒を気にしなければならない時代になってしまいました。早く海がきれいに回復してくれると良いですね。
| trinity | 衛生管理 | 12:32 | comments(0) | - | PAGE TOP
目から鱗の技術革新
目から鱗は聖書の中の言葉ですが、昨日のブログに遺伝子工学の技術革新について目から鱗状態だったことにふれました。しかしこうした遺伝子の分析もコンピューターなしでは何もできません。たった1000個ほどの遺伝子二つを比較してどことどこが同じ遺伝子配列になっているかをATGCGCGCと繋がった遺伝子配列を見比べても呆然とするだけですが、最新のパソコンは一瞬で結果を出してくれます。私がはじめてパソコンを見たのは1980年のアメリカでした。その時はワープロソフトをパソコンで動かしていたのですが教授が話す言葉を秘書がワープロに打ち込みそのまま論文ができあがるのをみてすっごいと思いました。それから数年後8bitのパソコンが30万円程度で発売されて購入しました。言語はBASICです。BASICの勉強をしてグラフソフトなどを作っていました。そしてMS-DOSの時代に入り高価なソフトウェアーにびっくりしていました。ソフト一つが10万円を平気で超えていたのです。
そこでパソコンから興味を失い5年ほどパソコンにさわろうともしませんでした。そうこうしているうちに、うちの奥様がパソコンがパラリンと動くようになってすごいよといっても半信半疑でした。
だって一枚の画像を8bitのパソコンで画面に出そうとすると横に一本ずつ線が走っていき何分も待って画像を見る時代に育ったんですもの。そして電気店で見たものはWindowsでした。このときも目から鱗状態でした。最近ではあちこちの遺伝子データーバンクの大型コンピューターを使って仕事をすることもありますが。すごい早さですね。
もう一世代遅く生まれていたら良かっただろうなぁと思うことが良くある。今日この頃です。
| trinity | 遺伝子工学 | 11:34 | comments(0) | - | PAGE TOP
シロイヌナズナと遺伝子工学
shiroinunazunaクリックすると拡大します。
写真はシロイヌナズナの写真ですネットから頂戴してきました。私は学生の頃二重螺旋のDNAを加温してゆき何度で二本鎖が一本鎖になるかで遺伝子中のGC%を測定していました。それから数十年、物売りやいろいろなプロジェクトで時間を費やしている間に遺伝子組み換えの技術はどんどん進み、シロイヌナズナは植物で最初に全遺伝子解析が終了した植物となっています。変異がどこの遺伝子で起こっているかなどと行った遺伝子解析の良い材料となっています。研究所に戻ることがなければこうしたすばらしい進歩を知らずに過ごしてしまうところでした。
| trinity | 遺伝子工学 | 08:43 | comments(0) | - | PAGE TOP
中国の添加物事情
中国沿岸域には4億人が日本人と同じレベルの生活水準となっており、1.5億人がメタボリックシンドロームになっていると言われています。
中国の人々が食品に対して危険と思っている物は
“生物による汚染
栄養不良
4超汚染
づ形各任慮躾
ヅ魂段の安全性
といった順序になっており、食中毒が一番怖いというのがトップになっています。二番目に栄養不良が出てくるところが貧富の差を表しているのでしょうか?
また理想的な添加物とは利があって害が全くない物であるがこの目標を追求することは現実的ではない。食品自体にもほうれん草のシュウ酸塩、インゲン豆の血液凝集成分、大豆のプロテアーゼ阻害物質なども人に害があり、ビタミンAやD中毒もある。と比較的化学的に分析していることに驚かされました。
| trinity | 食品添加物 | 12:54 | comments(0) | - | PAGE TOP

CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS