食品ネット分析室 

食の安全の為、本当に健康に良くないもの?本当に危険なものを考えてみましょう。
添加物だけでなく、環境衛生や分析手法などの画像もアップしています。
 
新しい殺菌剤をさわってみました
bactericideクリックすると拡大します。
新しい殺菌剤のサンプルが入手できましたジェミニ型四級アンモニウム塩です。さて効果のほどは?
上の表は石炭酸係数法に準じ、約一億個の微生物と希釈した薬剤を1分、3分、5分接触させた後10μLをブレインハートインフュージョンという液体培地に移植し完全殺菌されずに菌が残り発育した場合が+、完全殺菌された場合−で表した物です。真菌類に効果があるとのふれこみでしたので真菌類にはDDAC(ジデシルジメチルアンモニウムクロライド50%)を比較に使用しました。細菌に対する効果は殺菌剤が効きにくいセレウス菌を使用し、薬剤処理時に汚れが入る条件を設定するため馬血清を5%添加しました。対象薬剤は芽胞の発芽抑制効果の強いPHMB(ポリヘキレメチレンバイガナジン塩酸塩)を使いました。
ジェミニ型四級アンモニウム塩は濃度がわかりませんので市販価格で比較しています。時間は1,3,5分で結果に差がありませんでした。
2菌種しか試験していないので評価はできませんが、かなり期待していましたので残念です。もう少し時間があれば真菌類に対してDDACとの比較をしてみたいと思います。
しかし殺菌剤は洗浄剤との併用を行わなければ、バイオフィルム(の中の細菌は殺せないことは常識となっています。
新しい殺菌剤も洗浄剤を配合して洗浄力と殺菌力を評価して使用しなければ現場では役に立ちません。ジェミニ型四級アンモニウム塩も洗浄殺菌剤にならなければ、殺菌力の比較はあまり意味がありません。
| trinity | 衛生管理 | 11:48 | comments(0) | - | PAGE TOP

コメント
コメントする









CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS