食品ネット分析室 

食の安全の為、本当に健康に良くないもの?本当に危険なものを考えてみましょう。
添加物だけでなく、環境衛生や分析手法などの画像もアップしています。
 
スライド培養法
slidecultureクリックすると拡大します。

カビの同定を行うときのスライド培養の方法です。簡易同定する時はセロハンテープで食品上のカビを移し取ってスライドグラスに貼り付けて顕微鏡観察しますが、これではフサリウム(赤カビ)の仮根や菌糸の分岐の有無などの観察ができません。
スライド培養はU字又はV字に曲げたガラス棒、スライドグラス、カバーグラスを滅菌して用意します。上図のように無菌シャーレの中でセットし、ポテトデキストロース培地を滅菌メスで四角にカットしスライドグラスに乗せ四方にカビを接種します。培養中の乾燥を防止するため滅菌水を少量シャーレの底に注ぎ培養します。
培養後は通常通り顕微鏡観察してやるとカビの菌糸から分生子まで観察することができます。
| trinity | 細菌一般 | 09:36 | comments(1) | - | PAGE TOP

コメント
スライド培養におけるメリットとはなんでしょうか?
| 磯崎 | 2009/05/09 2:08 PM |

コメントする









CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS