食品ネット分析室 

食の安全の為、本当に健康に良くないもの?本当に危険なものを考えてみましょう。
添加物だけでなく、環境衛生や分析手法などの画像もアップしています。
 
嫌気培養法(簡易)
嫌気培養装置が無い実験室でも、タレを使用する工場では嫌気性菌が増加することがありますので定期的に嫌気性菌のチェックが必要です。タレに含まれる糖分が嫌気状態を作っているようです。
市販の嫌気培養用のパウチ下図を購入してシャーレの代わりにパウチに混釈培養します。このときパウチの中に気泡が入らないように注意し、上部をヒートシールします。
pouch2
改良ハンドフォード培地などのクロストリジア検出用の培地で培養すると危険な嫌気性細菌の有無を確認することができます。
pouch
| trinity | 細菌一般 | 10:05 | comments(4) | - | PAGE TOP

コメント
突然申し訳ありません。
上記の嫌気培養用のパウチは何処の会社のものでしょうか?
今度、嫌気性菌(クロストリジウム属の菌検査)をすることに
なり、パウチをさがしておりましたところ、ここにたどりつきました。
教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
| ぼん | 2013/02/28 2:12 PM |

酒見医科器械舗のPTパウチです。クロストリジウム培地の説明欄にも記入されています。
| リク男 | 2013/03/01 10:51 AM |

ありがとうございました。m(_ _)m
| | 2013/03/08 1:22 PM |

現在、酒見医科器械舗では、販売していません。
(株)エルメックスより
 ABP-90およびABP-180の2種
および
(株)スギヤマゲン
の2社から販売されています。
| ワクチン | 2016/10/27 3:04 PM |

コメントする









CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS