食品ネット分析室 

食の安全の為、本当に健康に良くないもの?本当に危険なものを考えてみましょう。
添加物だけでなく、環境衛生や分析手法などの画像もアップしています。
 
遺伝子組み換え大豆の混入
先週テレビで市場に出回っているお豆腐のうち遺伝子組み換えでないと表示されているものの半数程度から遺伝子組み換え大豆が検出されるといった実態調査を紹介していました。遺伝子組み換え大豆は混入率が5%以下であれば組み替えでないといった表示ができるからです。

遺伝子組み換え大豆はRoundup Ready(ラウンドアップレディー大豆)と呼ばれるものです。ラウンドアップは 5-enolpyruvyl shikimate-3-phosphate synthetase(EPSPS)というたった一つの芳香族アミノ酸合成経路(シキミ酸経路)の酵素を阻害することにより植物を枯死させてしまいます。

遺伝子組み換え大豆はラウンドアップに耐性を持つアグロバクターのEPSPS遺伝子をカリフラワーのモザイクウィルスの持つプロモーターと葉緑体トランジット蛋白とともに組み込まれたものだそうです。
遺伝子組み換え大豆で発現するものは、ラウンドアップ耐性の酵素一つだけです。この酵素はタンパク質の集まりですので、体内で代謝されて栄養素となります。

この技術を交配で行なおうとすると、自然にラウンドアップ耐性を獲得している突然変異の大豆を見つけてきて、通常の大豆と交配させてラウンドアップ耐性の子孫を作り、ラウンドアップ耐性大豆の耐性以外の遺伝形質を取り除くために戻り交配を10世代程度行なってやります。すると理論的にはラウンドアップレディの遺伝子組成に非常に近い非組み替え体を作ることになりますが、10年以上の歳月がかかります。

安全である遺伝子組み換え技術ですが、交配ができない種の遺伝子を組み込む行為が我々人間に与えられて良いのか少し疑問です。
| trinity | 遺伝子工学 | 13:08 | comments(4) | - | PAGE TOP

コメント
はじめまして。私は現在、甘味料についてのレポートを作成している学生です。調査の最中にこのサイトに辿り着き、大変興味深く拝見させていただきました。

甘味料の歴史について調査しているのですが、キシリトールとソルビトールがFDA認可済みなのか、また認可されているとしたら何年に認可されたものなのかが解りません。トピックと関係のない質問で大変申し訳ありませんが、もしご存知でしたらご教授下さい。
| あや | 2006/07/10 1:19 AM |

ソルビトール、キシリトールともにFood Chemical Cordexに掲載されており米国で認可された物質です。ただし認可年度は不明です。一ついえるのは、Sorbitolは1872年にナナカマドから分離され1936年に米国で合成されておりますので1956年にJECFAが誕生する以前に存在した添加物ですので認可は1956年だと考えられます。Xilitolは比較的新しい添加物で日本が平成9年FCCでは1996年に規格値が設定されています。
ご参考になれば幸いです。
| trinity | 2006/07/10 10:41 AM |

Summary of Evaluations Performed by the
Joint FAO/WHO Expert Committee on Food Additives

XYLITOL
INS: 967
Chemical names: XYLITOL
Functional class: SWEETENING AGENT; HUMECTANT
Latest evaluation: 1983
ADI: NOT SPECIFIED
Report: TRS 696-JECFA 27/23
Specifications: COMPENDIUM ADDENDUM 9/FNP 52 Add.9/192 (METALS LIMITS) (2001)
Tox monograph: FAS 18-JECFA 27/161
Previous status: 1996, COMPENDIUM ADDENDUM 4/FNP 52 Add.4/165. R
1988, FNP 38-JECFA 33/267; COMPENDIUM/1585, R
1983, FNP 28-JECFA 27/143. R
1978, TRS 631-JECFA 22/24, FAS 13-JECFA 22/28. NO ADI ALLOCATED. NO. S,T
1977, TRS 617-JECFA 21/26, NMRS 57-JECFA 21/144, FAS 12-JECFA 21/124. NO ADI ALLOCATED. NO. N,T


SORBITOL
INS: 420
Chemical names: D-SORBITOL
Synonyms: D-GLUCITOL; D-SORBITOL; SORBOL; SORBIT
Functional class: SWEETENING AGENT; HUMECTANT; SEQUESTRANT; TEXTURIZER; STABILIZER; BULKING AGENT
Latest evaluation: 1982
ADI: NOT SPECIFIED
Report: TRS 683-JECFA 26/27
Specifications: COMPENDIUM ADDENDUM 9/FNP 52 Add.9/192 (METALS LIMITS) (2001)
Tox monograph: FAS 5/NMRS 53A-JECFA 17/498 (1973)
Addendum: FAS 13-JECFA 22/20 (1978)
Previous status: 1996, COMPENDIUM ADDENDUM 4/FNP 52 Add.4/143. R
1988, FNP 38-JECFA 33/241; COMPENDIUM/1415, R
1985, FNP 34-JECFA 29/213. R
1982, FNP 25-JECFA 26/181. R
1980, TRS 653-JECFA 24/23, FNP 17-JECFA 24/119. ADI NOT SPECIFIED (TEMPORARY). NS/TE. R
1978, TRS 631-JECFA 23/23, FAS 13-JECFA 22/20. ADI NOT SPECIFIED (TEMPORARY). NS/TE. S
1976, FAS 11/FNS 1B-JECFA 20/93. R
1973, NMRS 53/TRS 539-JECFA 17/37, FAS 5/NMRS 53A-JECFA 17/498. ADI NOT LIMITED. NL. S
1965, NMRS 40/TRS 339-JECFA 9/12, FAS 67.29/NMRS 40A,B,C-JECFA 9/168, FAS 67.29/NMRS 40A,B,C/169. ADI NOT LIMITED. NL. R
1963, NMRS 35/TRS 281-JECFA 7/96, NMRS 35/TRS 281-JECFA 7/99. 0-150 (CONDITIONAL, NOT LIMITED). CO. N
| trinity | 2006/07/10 10:53 AM |

大変参考になりました。今までFDAのみを調べていたため、恥ずかしながらCordexの存在を知りませんでした。Cordexについても調査をしてみたいと思います。本当にありがとうございました。
| あや | 2006/07/10 9:36 PM |

コメントする









CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS