食品ネット分析室 

食の安全の為、本当に健康に良くないもの?本当に危険なものを考えてみましょう。
添加物だけでなく、環境衛生や分析手法などの画像もアップしています。
 
カビの防止法(2)
落下細菌の工場内の状況や加熱後の各工程での付着状況を確認できましたら、次は極度に汚染された肉眼で観察されるような部分がないかを確認します。
食品が冷却庫の中やコンベヤーのギヤー部分などに残りカビが発生していないかの確認をします。
こうした食品残さを取り除き汚染部分はアルコールでふき取ってやります。壁などのカビ発生部分は発泡性の次亜塩素酸ソーダで漂白・殺菌をします。手の届かない冷却庫の内部などは、炭酸ガスでアルコールを噴霧してやれば、引火の危険はありません。手の届くところはアルコールでふき取ることが原則となります。
改善効果が現れるかは昨日のブログでご紹介した落下菌測定を再度実施してみましょう。
| trinity | 衛生管理 | 11:35 | comments(0) | - | PAGE TOP

コメント
コメントする









CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS