食品ネット分析室 

食の安全の為、本当に健康に良くないもの?本当に危険なものを考えてみましょう。
添加物だけでなく、環境衛生や分析手法などの画像もアップしています。
 
アルコール・アルコール製剤の殺菌力
H2Oethanol
図の中の水色の丸は水分子楕円形の緑色はエタノール分子、オレンジ色の丸は有機酸及び有機酸塩を示しています。アルコールの殺菌力は,凌紂Д┘織痢璽襪1モル:1モルの時は大きな長い分子団を作ってエタノール分子が表面に多く現れ細菌と接触し殺菌力を表します。この時の重量%を計算すると73%程度となり、アルコールが75%で使用されるのはこのためです。アルコールが水で薄まっていくと△里茲Δ砲覆蝓▲▲襯魁璽詈子が細菌と接触できなくなり殺菌力が低下します。またアルコール濃度を高くしてやるとエタノールの非極性部分がくっつきあいの状態となり、これも細菌とエタノールの接触面積が減少してしまいます。アルコールと酸を併用してやるとい両態となり、有機酸が余分な水に解離するために水分子をとってしまいますので、濃度が低くなっても水:エタノール=1:1の比率が多く残りますので殺菌力が維持されます。
また、アルコールが同濃度の時はpHが低いほど殺菌力が強くなります。こうしたアルコールの殺菌力の基礎を頭に入れた上で、アルコールの値上げにどう対応するかを考えてみましょう。
| trinity | 衛生管理 | 08:39 | comments(1) | - | PAGE TOP

コメント
いつも楽しく拝見してます。
このアルコールの説明すごく分かりやすいです。
こういった説明ができるようになるための講習会などはありますか?
大学で専門的な勉強をしないとだめでしょうか?
| sk | 2010/05/27 3:18 PM |

コメントする









CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS