食品ネット分析室 

食の安全の為、本当に健康に良くないもの?本当に危険なものを考えてみましょう。
添加物だけでなく、環境衛生や分析手法などの画像もアップしています。
 
くら寿司のサイトを見てきました
くら寿司のサイトを見てきました。

「健康を優先するため、化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料の四大添加物をいっさい使用していません」
といった内容でした。

最近の回転寿司はコンピューター管理で同じお皿が何時間も回らないように管理されていますから、そもそも世の中に人工保存料など使うお寿司屋さんがいるのでしょうか(昔の化学的合成品の保存料は用途制限があり寿司には使用できません・食品衛生法の常識です。)・人工・合成などの使用は食品衛生法では使用しないことになっています。お寿司に着色料を使うお寿司屋さんも見たことがありません。調味料は昆布からとっても鰹からとっても化学物質です。
55分以上回転し続けないようにくら寿司独自の管理をしてある。と書いてありましたが55分では細菌の急速な増殖は有りません。細菌の増殖にはlag phaseという環境が変わると細菌がその環境で発育するために酵素などの増殖に必要な状況に自分を変える時間が数時間あります。その間は細菌は増殖しません。55分も回転しているとひからびておいしくなくなるのでしょう。

四大添加物の定義がまず分かりませんが、くら寿司では色素ではカラメル色素を使われていますし、増粘多糖類(ガム類)やミョウバン(硫酸カリウムアルミニウム12水塩、AlK(SO4)2・12H20)も使用されています。
動物的に人間を観察したときに本能的にいやがるであろう添加物の種類を四つ選ばれたのでしょうか。

大脳辺縁域を刺激してお客を動物的に呼ぶよりも何のためにどういった添加物を使用していないのかを消費者に科学的に説明してほしいと思いました。

私が感じたのは「お寿司が回っているなんて許せない」・・・・ということでした。
| trinity | 食品一般 | 09:53 | comments(2) | - | PAGE TOP

コメント
じゃあ食べるなよ。
| | 2008/02/12 1:29 AM |

確かに。
そもそも、寿司に添加物は最初からそれほど盛っていないなあ。それを大きく売り出すってねぇ。

55分の根拠も知りたい。同じ疑問ありますね。
ただ、菌は原料にくっついていたら、真夏で30度あったら、やっぱり55分でも増殖するんじゃないの?その辺詳しく教えて欲しいです。

まあ、100円だからあんまり突っ込めない。業界のパクリは日常的だけど、無添加だけはくら寿司だけだから、パクリたくても、容易ではないのかも。その辺は苦労してそう。

菌が増殖しない理由、詳しく知りたいところです。



| | 2010/04/25 12:59 AM |

コメントする









CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS